今日からできる社会人の時間の作り方10選【時間は自分で作り出そう】

Activities

読者の悩み

「仕事が忙しくて時間が作れない。。。」
「どうやって時間を作ればいいの?」

こういった悩みをお持ちの方のにおすすめの記事です。

本記事の内容

    今日からできる社会人の時間の作り方10選

この記事を書いている僕は、
残業月平均30時間強のごく普通のサラリーマンです。
半年前まで、時間がないと嘆いていましたが、今は平日平均2~5時間、休日平均5~8時間程度時間を確保できています。

こんな僕が、どうやって時間を確保しているかを紹介していきます。

目次

今日からできる社会人の時間の作り方10選

まずは結論から、以下に紹介します。

  • その①:早起きする
  • その②:喫煙者はタバコをやめる
  • その③:無駄な飲み会・二次会には行かない
  • その④:常に時間を無駄にしない意識を持つ
  • その⑤:通勤時間を活用する
  • その⑥:お昼の活用
  • その⑦:作業を効率化する
  • その⑧:有給や転職を活用する
  • その⑨:移動時間を減らす
  • その⑩:テレビを置かない

「時間がない」「忙しくて、、」これは言い訳です。
時間は待っていてもできません。
でも、逆に言えば作ろうと意識して行動すれば誰にでも作り出せます。

僕は特別仕事ができるわけでもなく、一般的なサラリーマンです。
でも、平日は平均2〜5時間、土日は5〜8時間程度作り出せています。

世の中には忙しくても、毎日楽しんでいる社会人もいますよね?
この方々は、時間を工夫して作っています。

余談ですが、一般的な社会人の勉強時間はなんと6分です。
詳しくはこちらの記事をどうぞ。

社会人の1日の勉強時間はたったの6分!?「勉強する時間がない」の解決方法

今回は、僕なりに時間を作る方法を紹介していきます。
ぜひ、参考なれば幸いです。

1. 生活習慣を変える

1. 生活習慣を変える

生活習慣を変えることで、行動が目に見えて変わります。
定期的な生活習慣の見直しは、時間を確保するだけでなく健康維持にも繋がりますのでぜひ見直してみましょう。

その①:早起きする

早起きは誰にでもできるだけでなく、仕事や友達からの誘いなどがなく、確実に毎日確保できる時間です。
さらに頭も冴えている時間ですので、朝活をお勧めしています。

朝活がなかなかできなかったり苦手な方のために過去に記事を書いていますので、参考にされたいかたはこちらからどうぞ。

その②:喫煙者はタバコをやめる

タバコは健康に害するだけでなく、時間もお金も失います
僕も以前は喫煙者でした。

しかし、作業中や仕事中にタバコを吸いに行くと1回5分〜10分程度時間をかけています。
これを時間換算したり、お金を計算してみてください。
吸うこと自体は自由ですので強制はしませんが結構時間を確保できます。

2. 無駄を省く

2. 無駄を省く

これも時間を割いてしまっている大きな原因の一つです。時間がない人は断る勇気も大事です。
自分自身が有意義であると感じるのであれば問題ないですが、不要であるという気持ちがあるのであれば、断る勇気を持ちましょう。

その③:無駄な飲み会・二次会には行かない

サラリーマンの方の多くの悩みはここでしょう。
僕も以前まではなかなか断れなかったです。でも、そこで使ったお金と時間は次の日にトイレに流るだけです。
全てを断るのは難しいでしょうから、「二次会にはいかない」や「毎回行かずに何回かに一回いく」など工夫してみてください。

その④:常に時間を無駄にしない意識を持つ

これは感情論になってしまいますが、意識をするだけでも行動は変わります。
常に時間を無駄にしていないか?有意義な時間の使い方か?
これらを意識することで、時間に対しての行動の仕方が変わってきます。

3. 非生産時間を生産時間に変える

3. 非生産時間を生産時間に変える

これも非常に有効な時間の作り方です。人生においてほとんどは隙間時間です。
ただ、この隙間時間を有効に使えていないことが時間を無駄にしてしまっています。
以下に非生産時間を生産時間に変えることができるかで、時間の確保が変わってきます。

その⑤:通勤時間を活用する

サラリーマンであれば、必ずと言っていいほど存在する時間ですよね。
通勤電車でずっとYouTubeやNetflixを見ているのに時間がないと嘆いていませんか?
今やスマホひとつで学ぶことができます。通勤時間が片道1時間の方はこれだけで、毎日2時間の確保ができます。

その⑥:お昼の活用

お昼も有効な時間です。これは人それぞれですが、お昼ご飯を食べるのに1時間もかからない方が多いと思います。
30分で食べれば30分は確保できます。僕はこの30分のうち20分を活用して午後の生産性を上げるために昼寝をしています。
ちなみに昼寝もかなり効果がえられるので一概に全て勉強しろというわではないので臨機応変に確保していきましょう。

その⑦:作業を効率化する

これも時間を確保する上で非常に重要な考え方で、自動化できるものは自動化を検討しましょう。
例えば、ブログやYouTubeなど寝ている間も誰かがアクセスすることで収益が発生する仕組みや、エクセルで作業する際も関数やマクロを活用して自動化させたり、プログラミングができる人はシステム化しても良いですよね。
時間を確保できている方の多くはこの仕組み化を考えて行動しています。

4. 環境を変える

4. 環境を変える

また、強制的に環境を変えてしまうことも有効な時間の確保方法です。
これは簡単ではありますが、お金がかかったり失うものも伴います。
考え方は自由ですが、検討する価値はあると思います。

その⑧:有給や転職を活用する

有給は確実に時間を確保できます。しかし、日数が限られていると思うので、自己責任で検討してみてください。
また、本当に残業が多くて無理です。という方も中にはいるかと思います。
しかし、世の中にはたくさん魅力的な企業があります。現代は副業時代とも言われていると思いますが、選択肢として検討しても検討する価値はあると思います。

その⑨:移動時間を減らす

これもお金を失うことも考えられます。ズバリ勤務地の近くに住むことで通勤時間を減らし、時間を確保する方法です。
実際通勤時間にも時間は確保できるので、通勤時間では厳しいという方向けです。

その⑩:テレビを置かない

これは有効かどうかは本人次第です。しかし、テレビってなんとなくつけてみてしまってもうこんな時間か。。。なんてことを経験しているのではないでしょうか?
そもそもテレビをなくすことで「なんとなく」をなくすことができます。
しかし、それでもスマホをずっとみていたら変わらないと思いますので、確実に効果が出るかは本人次第です。

まとめ

まとめ

いかがでしたか?
このように時間は工夫次第でいくらでも作り出せます。

あとは行動するかしないかだけです。

ここまで紹介したもので、皆さんはが時間を作り出すことができたら幸いです。
ただ、大事なのは自分なりの方法を見つけることです。

いろいろ試してみてください。

人気記事【テレワーク必見】2020年に買って仕事が効率化したグッズ10選

人気記事今日からできる社会人の時間の作り方10選【時間は自分で作り出そう】