【就活生向け】SEとSIerの違いを現役SEが簡単にわかりやすく解説します

Engineer

悩む就活生

「SEとSIerって何が違うの?」
「具体的に仕事内容を知りたい」

こんな悩みをお持ちの就活生や転職を考えている方向けにおすすめの内容です。

本記事を読むと

  • SEとSIerの違いを理解できる
  • 就活や転職での企業理解に困らなくなる

僕自身、独立系SIerの現役SEとして仕事をしています。
独立系??はて??なんて思っている方も、この記事を読み終わった後には人に説明できるレベルになっていると思います。

就活生はこれから本番ですね。
転職を考えている方の参考にもなれば嬉しいです。

目次

1. SEとSIerの違いは?

1. SEとSIerの違いは?

結論から言うと実は簡単で、「人」か「企業」かの違いだけなんです。

SE  :人
SIer:企業

です。

目的はどちらも「システムを開発する」ので同じですが、より詳しく見ていきましょう。

SE(エスイー)とは

SEとは、システムエンジニア(System Engineer)の略称です。
SEは顧客が望むシステムを形にして運用に乗せる仕事です。

SEと聞くと、常にパソコンをカタカタしているイメージではないでしょうか?

実はそんなことないんです。
顧客の要望をシステムにしていくので、コミュニケーションをかなり必要とします。

ですので、顧客の要望をシステムの仕様書として資料作成をしますし、テストケースの作成やテスト結果のまとめなど、プログラミング以外の作業も多くします。

みなさんが想像するパソコンをカタカタすることが多いのはプログラマーです。
プログラマーはプログラミング中心なので扱う範囲が異なると思っておけばOKです。

より詳しく仕事内容の比較と年収を知りたいかたはこちらを見てみてください。

SIer(エスアイヤー)とは

SIerとは、システムインテグレーター(System Integrator)の略称です。
人や場所によってはSIベンダーと呼ばれることもありますが、意味は同じなので気にしなくて大丈夫です。

SIerはシステム構築をする会社のことです。SIerのミッションは顧客が求めるシステムを導入、運用する仕事です。

ただ、同じSI企業でも会社規模によって業務は異なります。

SIer仕組図

引用元:https://furoshotoku-blog.com/distribution-of-it-business/

つまり、大手のSIerは上流になるので、コンサルティングやマネジメントが多くなり、中小企業は下請けと言う形になってきます。
また、給料ももちろん上流の方が多く下流の方が低くなります。

ちなみにもしかしたらSESという言葉を耳にする方もいると思います。
そことの違いは【現役SEが解説】SIerとSES、客先常駐の違いと実態についてで記事にしているので、興味があればどうぞ。

2. SEの仕事内容

2. SEの仕事内容

所属企業の規模によって業務が異なると思いますが、大まかにSEの仕事はこれをベースに考えてもらえれば良いです。

  • 要件定義
  • 基本設計、詳細設計(外部設計、内部設計とも言います)
  • 開発(PG、製造とも言います)
  • テスト(単体、結合、総合など)
  • 運用・保守
  • 付帯作業(手順書作成など)

これが一連の流れです。

大手SIerほど上流の工程で、中小企業になるにつれて下流になっていきます。
プログラマーは主に開発工程になるので、そのイメージを持てばOKです。

ちなみに、僕は設計〜運用保守まで一貫してやっています。

何をしているかで同じSEでも範囲は異なる

大きな枠で、SEとは何かを紹介してきましたが、扱う商品やサービスによって呼び名が異なるので、求人をみたときに困ってしまうかもしれません。

例えばこんな感じ。

・ITコンサルタント
・プロジェクトマネージャー
・セールスエンジニア
・アプリケーションエンジニア
・ネットワークエンジニア
・サーバーエンジニア etc…
エネル

「泡吹いてしまいそうです。。。」

安心してください。笑
扱うものが異なるだけで、仕事の流れは大きく変わりません。

ただ単に扱うものの違いなんだと思っておけば良いです。
詳しく知りたくなれば、ググりましょう。

3. SIerの種類

3. SIerの種類

SIerには3つ種類があります。

ますは結論から。

  • ユーザー系SIer
  • メーカー系SIer
  • 独立系SIer

全ての工程を1社で完結することもあれば、他社へ依頼することもあります。
就活や転職活動の際は、その企業がどの範囲を担っているのかよく見るようにしてみてください。

ここを見誤ると「自分のやりたいことと違う」など失敗するケースがあるのでよく理解しておきましょう。
ちなみに読むのが面倒な方や持ち歩きたい方のために早見表を作成したので、よろしければこちらからダウンロードしてください。

ユーザー系SIerとは

ユーザー系とは、企業の社内情報部門から分離、独立させたものです。

例を挙げると、こんな感じです。

金融:みずほ情報総研(みずほフィナンシャルG)
保険:SOMPOシステムズ(損害保険ジャパン日本興亜)
通信:ソフトバンク・テクノロジー(ソフトバンク) etc...

メリットとデメリット

ユーザー系の代表的なメリットやデメリットは以下です。

    メリット :自社で働ける(顧客が親会社)
    デメリット:ITスキルが身に付きにくい(管理業務が多くなっていく)

メーカー系SIerとは

メーカー系とは、サーバーやPCのハードウェアメーカーの一部門が分離・独立したものです。

例を挙げると、こんな感じです。

NTT:NTTデータ
NEC:NECソリューションイノベータ
日立:日立システムズ etc...

メリットとデメリット

メーカー系の代表的なメリットやデメリットは以下です。

    メリット :経営が安定している(親会社が大きい)
    デメリット:現場次第ではトレンドの言語が扱えない(親会社に依存する)

独立系SIerとは

独立系とは、特定の親会社を持たず、独自に成り立つ企業です。

例を挙げると、こんな感じです。

大塚商会
オービック
TIS etc...

メリットとデメリット

ユーザー系の代表的なメリットやデメリットは以下です。

    メリット :ある程度自由度が高い(業界に縛られない)
    デメリット:下流工程の企業だと給与が安く忙しいことも(ビジネスモデル上)

【補足事項】 これらに属さないSIer

ここまで紹介したものに属さずに、いわゆるコンサル系や外資系と呼ばれるSIerもあります。

これらは技術中心ではなく、経営戦略などの超上流が多かったりするので参考程度に紹介します。

コンサル系:野村総合研究所、アクセンチュア
外資系  :Oracle、SAP

より詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

それぞれどんな人におすすめ?

一概には言えませんが、参考程度に。

    ユーザー系:将来は技術者ではなく、管理をしたい方
    メーカー系:比較的安定しつつ技術を身につけたい方
    独立系  :さまざまな業界や言語を身につけたい方

全てがこれとは限らないので、必ず企業の内容を自分で調べましょう。

まとめ

まとめ

いかがでしたか?

僕が冒頭でお話しした「独立系SIerのSEとして働いている」と言う言葉の意味が理解できたのではないでしょうか?
また、企業選定の見るべきポイントや働き方が分かったと思います。

ここでの学びを生かして、就活や転職に活用するきっかけになれば幸いです。

人気記事【テレワーク必見】2020年に買って仕事が効率化したグッズ10選

人気記事今日からできる社会人の時間の作り方10選【時間は自分で作り出そう】