【おすすめ10選】マーケティングと行動心理学の密接な関係とは?

Marketing

お願いする人

「商品の認知をあげて、売上を向上させたい」
「顧客獲得のための方法が知りたい」
「効果的なキャッチコピーを作りたい」

これらの悩みをお持ちの方におすすめの内容です。

本記事を読むと

  • マーケティングと行動心理学の関係がわかる
  • 今すぐ使える行動心理学10選を知ることができる
  • 効果的なキャッチコピーを作れるようになる

現代は情報や広告リテラシーが根付いてきた関係で、キーワードや見出しが非常に重要になっています。
人の興味を惹かないとそもそもクリックされない時代になっています。

マーケティングにおいて、心理学は大手でも非常に活用されていて、実はみなさんが商品やサービスを購入する際に術中にハマっています。
ぜひこれらを理解して、売上の貢献になればと思います。

目次

1. マーケティングと行動心理学の関係

1. マーケティングと行動心理学の関係

マーケティングと心理学は一見関係ないように感じますが、実はマーケティングには心理学がかなり使われています。
実は皆さんも販売側の術中にハマっていることがほとんど。

商品を買うのも、人やサービス、プラットフォームに集まるのも全て人間です。つまり、人の興味や関心、購入意欲を掻き立てるには人の心理を読み解くことが重要です。

ここではよく使われている手法を紹介していきます。

2. 今すぐ使えるおすすめ行動心理学10選

2. 今すぐ使えるおすすめ行動心理学10選

ますは結論から。

  • バンドワゴン効果
  • スノッブ効果
  • ウェブレン効果
  • ザイオンス効果
  • ディドロ効果
  • 権威性の法則
  • 返報性の原理
  • アンカリング効果
  • ウィンザー効果
  • カリギュラ効果

ではそれぞれを簡単に紹介していきます。

バンドワゴン効果

焦る人

「みんなやっているから自分もやらないと」

これは他人と同じものが欲しくなる心理。
流行っているものって日常の会話にも出てきますし、気になってしまいますよね。

このように、流行に遅れたくないと何かを始めたり何かを買ったり、行列ができているお店に行きたくなるような現象のことです。

例) 鬼滅の刃を一生懸命漫画を読んだりパンケーキやタピオカに並ぶなど

スノッブ効果

限定

「限定のものほど欲しくなる」

これはバンドワゴン効果の逆で、他人と異なるものが欲しくなる心理。
買わないことによって損をしたくない心理が働くので、限定言われるとつい買ってしまいますよね。

このように、希少価値の高いものや期間限定のものを買ってしまうことです。

例) 期間限定の商品を買ってしまったり、Supremeの洋服など

ウェブレン効果

高級品

「高価なものほど欲しくなる」

これは特別感のある効果なものが欲しくなる心理。
実際それ自体がなくて困ることはないけれど、頑張った自分へのご褒美であったり、このブランドの商品を持っていたらかっこいいななんて思うことがあるかと思います。

このように、スノッブ効果に近い関係にあり、ステータスで買ってしまうことが多いです。

例) VUITTONやダイソン、ロレックスなど

ザイオンス効果

いつの間にか気になっている人

「いつの間にか気になっている」

これは接触回数が多いほど親近感が湧き、好感度や評価があがる心理。
会ったことがないのに、なぜかこの人は親近感があるな、とかなぜか交換が持てるなと思ったことがあるのではないでしょうか。
また、この商品よく広告で見るなとか。

これは単純接触効果とも呼ばれ、SNSだけでなく営業活動やリターゲティング広告にも活用されています。

例) SNSでの発信や足を何度も運ぶ営業、リターゲティング広告など

ディドロ効果

Apple信者

「Appleで全て統一しています!」

これは手に入れた新しい価値に合わせて、統一感を求めたがる心理。
僕はこの心理にすごいハマってしまっていて、なんでも統一したい欲が強く、揃えてしまう癖があります。

このように、新生活が始まり、お気に入りの家電や家具を買うとそのブランドで統一したり、好きなブランドの服で全身コーデしたくなったりする現象です。

例) Apple製品や無印、IKEA、ファッションなど

権威性の法則

医者を信頼する人

「この人すごいし信頼できる」

これは権威のある人に対して、無条件で信用してしまう心理。
実績や肩書きがあると特に何も考えずにそのまま話を鵜呑みにしてしまったことがあるのではないでしょうか。

このように、医者が言ったことは大体信じたり、SNSやセミナーにおいて「月間○桁売り上げた〇〇」や「スタンフォード出身の〇〇」など、権威を感じさせることで集客をしたりする現象です。

例) 医者や弁護士などの専門家や過去の実績からの肩書きなど

返報性の原理

お返しする人

「〇〇してもらったから何かお返ししなきゃ」

これは相手に何かをしてもらうと、何かを返したくなる心理。
プレゼントをもらうと返さなきゃって思ったり、小さなことでも何かしてもらえたら何かお返しした経験があるのではないでしょうか。

このように、相手から承認をもらいたいときによく使われる手法で、初めに断られる要求をすると、その罪悪感から初めより小さな要求を受け入れてしまうことがあるんです。

例) スーパーでの試食コーナーや恋愛、営業活動など

アンカリング効果

限定価格

「今安いから今のうちに買わなくちゃ」

これは最初に印象に残った数字がその後の判断に影響を及ぼす心理。
正直元の値段を書く必要はないのに、書いてあるだけで安く感じてしまうますよね。

身近なところだと、Amazonや家電量販店で元の金額を表示することによって購買意欲を掻き立てています。

例) ECサイトや家電量販店、レストランでのコース料金表など

ウィンザー効果

レビュー

「レビュー高いから信用できるものだな」

これは直接伝えられた情報よりも第三者を通して伝わった情報を信頼する心理。
何かを買うときってレビューで比較検討しますよね。このように人間は失敗を恐れる生き物なんです。

このように、同じものであってもメーカーから直接お勧めされてもなかなか買わないのに、家族や友人におすすめされると買ってしまう現象です。

例) レビューやインフルエンサーマーケティングなど

カリギュラ効果

禁止事項

「見るなと言われたら見たくなる」

これは何かを禁止されると余計に気になってしまう心理。
修学旅行で夜に部屋を抜け出したりYouTubeでのサムネイルにつられて見てしまった経験があるのでないでしょうか。

このように、子供に限らず大人まで効果的な手法で、タイトルやサムネイルによく活用されています。

例) YouTube、ブログタイトルなど

3. 効果的なキャッチコピーの作り方

3. 効果的なキャッチコピーの作り方

ここまで、心理学を紹介してきましたが、キャッチコピーにこれらをうまく活用できれば売上が変わってきます。
しっかり顧客の興味を惹くようなキャッチコピーを考えなくてまなりません。そこで大事なのはこれまでの心理学を掛け合わせることです。

いくつか例を挙げながら紹介していきます。

アンカリング効果 × バンドワゴン効果 × スノッブ効果
 ▶︎ 【業界最安値】あの大人気家電が今だけ15%OFF

権威性の法則 × カリギュラ効果
 ▶︎ オリンピック出場アスリート監修食事法【アスリートになりたい方以外は見ないでください】

このような形で組み合わせながら活用して見てください。
また、数字で表せる部分はなるべく数字を使っていきくことをお勧めします。

より詳しく知りたい方はこちらを参考にして見てください。

4. まとめ

4. まとめ

いかがでしたか?

実は身近なところで心理学が使われていたんだなと思われた方が多いのではないでしょうか。

このようにマーケティングと心理学は実は密接な関係なんです。最終的に購入者は人です。なので、この心理学を学んで実践していくことで効果的な施策が見つかると思います。

この記事が参考になれば嬉しいですね。
ただ、学んだだけでは意味がないので「実践しながら」が重要です。
ぜひ行動して見てください。

人気記事【テレワーク必見】2020年に買って仕事が効率化したグッズ10選

人気記事今日からできる社会人の時間の作り方10選【時間は自分で作り出そう】